結婚指輪を手作りしよう~ブライダルリングのハンドメイド~

色あせない思い出作り

結婚指輪を手作りする方法

箱に入った指輪

結婚するにあたって用意するものの一つに、結婚指輪があります。夫婦二人でその後一生、身に付けるものですから、多くの方はこだわりを持っています。 お気に入りのブランドにしたり好みのデザインを探したりする方が多くを占める一方、手作りの結婚指輪に注目が集まっています。 手作りの結婚指輪ならば、世界でたった一組しかありません。 二人で一緒に作業することで、思い出も作ることができます。結婚指輪を見るたびに、二人で一緒に手作りした時のことを思い出すことができるのです。 結婚指輪を手作りするためには、作業工房を探すところから始まります。インターネットや口コミ、雑誌の紹介等でお二人の希望に沿ったところを探しましょう。 店舗によってはベテランの方がサポートしてくれたり、一回の来店のみで製作できたりするので、事前に問い合わせるのが安心です。

価格に関して

手作りの結婚指輪の価格は、基本的に素材によって決まります。 お手頃な価格のものの一つにシルバーが挙げられます。地金の金額のみですと一本二万円程度が主流です。 ゴールドやプラチナも選ぶことができます。グラム単位で価格が変わってきます。ゴールドはシルバーの二倍から三倍、プラチナは四倍から六倍以上の価格が目安となります。 この他に加工するための代金や道具、場所、指導料などの基本製作費が必要になります。店舗によって異なりますが、二、三万円ほどのところもあります。 また、フルオーダーではなくセミオーダーのコースを用意してある店舗もあり、そちらは費用が抑えられるのが魅力です。 これらの他に、宝石を入れたり、文字加工をしたりなどの特殊加工をすると別途追加料金が発生します。